本文へ移動

施設長のひとりごと

施設長のひとりごと

高品質に泣かされる

2024-05-14
 もうそろそろ、『布パンツに小さめの尿失禁パッド』を卒業し、紙パンツ、若しくは大き目の尿取りパッドに移行したい方がおられます。この移行する時が難しい(^^; その必要性があり、説得にかかりますが「いいや。私はそんな物は必要ない。漏れないし、漏れたこともない」と大体の方がまずは拒否、いや、拒絶されます。その時は納得されても、翌日はまた布のパンツにお着替えされていたりして・・・。無下に布パンツを回収すると混乱につながるので、本当に時間をかけて説明と説得を繰り返していきます。
 昨日もスタッフが「今、使っている軽失禁用では漏れを防ぐことができず、やっぱり今日もおしっこが漏れててズボンまでしみていました。でもご本人はパッドいっぱいにおしっこが漏れている事に気づいておられなくて・・・」と悩んでいました。今の排泄用品はとにかく性能が良く、漏れない!臭わない!が当たり前です。家で、まだご自分で頑張っている方や介護をされるご家族にとっては、とても助かる高品質です。しかしながら、我々、施設の者からいうと、良すぎて困る(;^_^A その人自身、おしっこがちょび漏れしている事が分からないので、スタッフが声をかけても拒否されてしまいます。なんとかトイレにお連れできても「え!!濡れてる?これ?」と濡れている事実にも、なかなか気づけないのです。濡れているという自覚がないから、当然「紙パンツなんて必要ない」となりますよね。
 「家で家族が介護している用~安心パッド~」
「施設で移行期にある方用~そろそろ履いてみませんか?~」に分かれてたらいいのにね・・・なんて言いながら、なんの慰めにもなりませんが「明日も説得頑張れ!」と励ましておきました(´艸`*)
施設長のひとりごと
ケア付有料老人ホーム ばんざい
〒841-0073
佐賀県鳥栖市江島3388-1
TEL.0942-83-2286
FAX.0942-84-4506
0
2
2
2
2
3
TOPへ戻る